×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




加斎一郎・掲載履歴



タイトル 画像・掲載年月日
(画像をクリックすると
拡大・他の画像も見れます)
内容
スウィートメモリー
2003 6月30日・
月刊ビタマンに初掲載

 5年前のあやまちに今も悩んでいた桂一。
 そこに現れたのは初恋の相手、真中景子。
 景子の存在が桂一の心をしだいにときほぐしていく。
 そんなとき事件が!自分の上司に景子が
 犯されそうになっていた。
 はたして桂一は、
 過去をふりきり景子をすくえるのだろうか!!

 (読みきり20ページ)
ラストチャンス
2003 8月30日・
月刊ビタマンに掲載


 拓也と瞳・・・3年目の二人の同棲生活は
 少しずつ何かがくるい始めていた。
 お互いが夢にかかげ、目指していた弁護士だったが
 瞳だけがなれ、拓也はなかなか合格できなかった。
 次第に拓也は毎日の勉強もサボるようになり
 毎日をただダラダラと生活するようになる。
 そして拓也のやつ当たりでしかない不満が瞳に爆発する。
 このまま二人は別れてしまうのか・・・
 そして拓也の夢は・・・


 (読みきり20ページ)
マニマニスペース
2005 3月30日・
月刊ビタマンに掲載


 付き合い始めて3年の二人。
 サラリーマンの俊平は
 智子を喜ばせるために日々努力していた。
 それは家やホテル以外でSEXができる場所、
 スペースを見つけること。
 そう・・・彼女は屋外SEXが大好きだったのです。
 そして俊平はこの日、とってもすごい場所を見つけたのです。
 その場所とはいったい・・・!!


 (読みきり22ページ)
トリプルエモーション
2006 8月14日・
月刊ドキッ!に初掲載


 健一と宏美は幼なじみだった。
 健一は宏美のことを親友だと思っていたが、
 宏美は少し違った・・・。
 そんな時、健一の目の前に一人の女性が。
 明梨である。
 健一が明梨に一目ぼれしたと知った宏美は
 健一のためにデートをセッティング。
 しかし明梨にのめりこんでいく健一を見ているうちに
 宏美の心は次第に疑問から確信へ・・・。
 はたしてこの三角関係はどこへと向かうのだろうか。


 (全5話の集中連載)
がんばれチアガール
2007 1月14日・
月刊ドキッ!に掲載

 チアガールの鈴音は天真爛漫な女の子。
 いつもの練習場所が改装中のために
 体育館の隅を借りて今日も練習に励んでいた。
 しかしバスケ部の田名瀬はチアガールの練習が
 耳障りで練習に集中できない。
 イライラしてるそのとき! 
 ボールが田名瀬の頭を直撃!
 保健室に運ばれ目を覚ますとそこには鈴音の姿が・・・。
 保健室には二人だけ。この後二人は・・・・。


 (読みきり20ページ)
麗しのマドンナ
2007 2月14日・
月刊ドキッ!に掲載


 性格が優しいせいか、
 営業成績がなかなか上がらない安田健太。
 今日も一人残業に励んでると、そこに一人の女性が。
 それは社内のマドンナ的女性、神野玲子だった。
 玲子は健太の2年先輩で、実は安田が入社してから
 ずっと健太のことが気になって見てたと言う。
 思いもよらぬ告白にたじろぐ健太。
 優しく包み込む玲子。
 次第に二人は・・・・・・。


 (読みきり20ページ)
ハッピーライフ
2007 3月14日・
月刊ドキッ!に掲載


 付き合い始めてまだ間もない二人。
 サラリーマンと学生の二人は、
 なかなか時間があわずすれ違いが多かった。
 しかし久々にゆっくり会える時間ができ、
 今日こそはHができるとデート中から
 ウキウキ気分の雅也。
 しかし突如ハプニングがーーーーーッ!!
 こうしてHをする何度もチャンスを逃してきた二人。
 はたして二人はいつになったら
 Hができるのかーーーーっ!!


 (読みきり20ページ)




このHPは竹書房(月刊ビタマン・月刊ドキッ!)を中心に
成人向け漫画を描いている漫画家 加斎一郎のHPです。
このHPはアダルト描写を含みます。18歳未満の方の閲覧を固く禁止しております。
18歳未満の方はアクセスできませんm(_ _)m


当サイトの全ての動画・画像・文章などは加斎一郎の著作物とします。
このHPに掲載されたイラスト・写真・商標の無断転載を禁じます。


お仕事の依頼、お問い合わせはこちらまで mail